« BF3~SCARLET~:ランボー怒りの再突撃 | トップページ | P4U~ランクマッチに挑戦する~ »

2012年8月 6日 (月)

パワプロ2012:パワフル大学投手育成理論

パワプロで選手を作る時、どの能力をどう伸ばすか、どう目指すかで複雑に変化する。
例えば足の速い選手を作ろうと思った場合

A:俊足堅守:CCABBB+特能好きなだけ
  それなりの打撃力を確保しつつ、足専門の特能を最低限つけたい。
  足が速いというからには外野で行こう。
  そしたらレーザービームも欲しいよねって感じ。
  比較的自由で難度が低い

B:バランス型:BBABBB+特能そこそこ
  やっぱりスペック重視でしょ。見栄えって大事。
  B~Aで固めてクオリティの高い選手が欲しい。特能もある程度は確保できる
  が、足の能力が一番高いってだけで個性があまり無い。劣化オールA型。
  A型の特能を減らした分能力値に移行してるだけなので難易度は低い。

C:神速特化:CCSCCD+特能必要なだけ
  打撃力と守備を最低限に抑えて足の速さに特化してみる。
  特能も内野安打など打撃重視で目指せセーフティバントの世界
  意外と到達が難しいのである程度の育成難度は免れない。
  感覚としてはプラモデルを自分の納得いくように仕上る様子に近い

D:オールA型:AAAAAA+特能皆無
  足がAなら最速じゃね?じゃあミートとパワーもAなら最強じゃね?
  じゃあ守備とエラー回避がAだったら最高じゃね?じゃあ肩力も(ry
  綿密に練った育成計画が必要だが仕上がりには至高の達成感。難度は高い
  なのだが特能が極端に少ないので犠牲が多いともいえる。ダイジョーブ博士ー!

個人差があるけど俺的にはAタイプが好きである。
オールAも見栄えがいいけど所詮はアレ、見栄えが良いだけだからね。

だがコレは野手の話である。

投手の場合はどうだろうか。

結論から言うと投手の作成は物凄く難しいと感じる。
球速は150くらいからが能力値で言うところのAクラスであるといえる。
実際に今作のパワプロは球速150になると肩力が80Aに連動する。
コレが目安になる。

コンスタAA150kが投手で言う所のオールAだといえる。

だが、
変化球という概念があるのである。
変化量の総合が10~12くらいまでが俺の限界である。
総変15~とかもうムリゲーである。
よしんば何かを犠牲にしても難しいレベルである。

俺が今まで作った中で一番出来が良かったのが

コンスタAA151k 総変9である。
特能は10個くらい。

何回かやってこれに近いのがたくさん出来たので
参考までに誰得な育成理論を上げておく

パワフル大学投手育成理論
※天才ではありません
※ダイジョーブ博士は出ません
※難易度ノーマルです

※パワ大というよりマッサージチェア育成理論かもしれない。

準備編:持込みアイテムにマッサージチェア・好きな変化球のボールがあると◎
選別編:初期能力の目安としては
     そつなく→コンスタFF126~7
     ○○(変化球)が得意→変化量が初期で2ある

上記の持ち込みアイテムと初期能力の高さがガッチリ合うと良い選手ができる。

ここら辺をベースにしていきたい。

基本事項:

パワフル大学ではサークルがあるけど
基本的には能力向上がお得になる系のサークルは一切使わない。
理由はお察しの通りタイミングが完全運ゲーな上に
貯めたポイントを使わないと貧弱なパワ大では試合に勝てないから。
サークル選びではより安く、より投手が沢山居るサークルを選び続けるだけ。
バイトは殆どしない。
最初の合宿は500円でOK。金が勿体無い
回復イベントとサークル会費の差額分で効率よくパワリンで回復していく。
お賽銭には金運を願って100円を入れて5000円をGETする
サークル選びで奉仕活動(会費0円)が出た場合
投手チームメイトが多かったら入るのも手。
メリット
・投手が多い場合タッグ練習が望める
・金がかからない
デメリット
・ランダムで奉仕活動が発生してたまに凄く疲れる

メリットの方が多いのでチャレンジしてみるのもいいかも。

開始

とりあえず開幕アロマを2個、パワリンを1個買う。
即アロマを使って絶好調にして練習開始。
普通に変化球×2でも良いし、球速×2でも良い
3周目開始時には強制バイトがあるので4000~6000円入る。
パワリンで回復して練習。7~8%のケガが怖かったらメンタルでも良い。
こういう地味な怪我のリスクを回避する為に持ち込みマッサージチェアがあると良い。

体力がもう2割とかになったらメンタルで回復しても
コントロール練習すら怪我率が高い状態なのでパワリンを使うか休むコマンド。
メンタルで回復してると勝手に闘志が付けれるくらい無駄に精神ポイントが溜まる。
その分ちゃんと回復した方が良いという理論である(ただしたま~に寝れない)
何度も言うがマッサージチェアがあると
メンタル回復と相まってコントロール練習くらいはできるように回復する。マジ便利

高確率で球持ち〇のイベントが発生する以外、
松倉は一緒に練習しなくて良い。ネズミの涙ほどの経験値を貰うくらいなら
休んだ方がマシ。
ノートを取ってもらう過程でやる気が下がるのもアロマの無駄なので却下。
香本が腹減って倒れそうになったら松倉を呼ぶと疲れが取れる。
とにかく体力回復イベントを積極的に選択して練習をしていく。

パワ大には意外とコントロールとスタミナが得意な投手が居るので
友情タッグが結構初期から出やすいのが特徴である。
こまめに能力値を上げていって
その時に必要な分をどうやって捻出するかを考えながら練習をすると良い。
とりあえずスタミナ練習は極力友情タッグが出てるときだけに絞る。
絶対に少人数でスタミナ練習をしてはダメ。筋力8精神8でスタミナ+1とか悲しい。

目安としては最初の9月3週の試合までには

コンスタEE130変化量3くらいあると良い。欲を言えばDD132変化量4。

パワ大は野手が貧弱なのでしっかり打ち取っていく。
変化量4もあれば地区大会程度ならズバズバストライクが取れる。
2ストライク0ボールの場合、ストライクゾーンだと高確率で当ててくるので
3球ボール球を投げる。3回中、1回でもバット振ればストライクでアウト。
追い込んでからは上下より左右で攻めた方が良い。
俺は配球とかサッパリ解らないけど
こうやったら上手くいったのであくまで体感の話だけど。

スタミナも順調に上げる事が出来たら4年生の2月3週時点で
コンスタDD~CC、142~144k、変化量6~7(別方向含む)くらいにはなっているはず。

ここからが分岐点だ。

ようやく凡な性能になってきたら今一度方向性を決めておく。

Aルート:バランス型→今までどおり満遍なく鍛えていく。
      コンスタB~A 147~150 総変8~10を目安に

Bルート:速球を鍛える→速球練習重視
      コンスタC~B 151~155 総変7~9を目安に

Cルート:変化球を鍛える→この時点で1種のみ5~6だったら別方向5~6も可能。
      コンスタC~B 144~147 総変10~13を目安に

Aルートの場合、やることはあまり変わらない。
満遍なく能力を上げていく。
試合で活躍していればアメリカに行ける。
Lv5スタミナ練習で一気にスタミナを上げても良い。(一回で3~5)
特能が一番つけやすいルートであり、特化でもないので一番エースっぽい。

Bルートの場合はひたすら速球練習。
体力MAXの場合は速球→コントロール→速球で効率が良い。
パワ大は猪狩君のイベントが用意されてるのも醍醐味の1つ。
アメリカでライジングを狙ってもいいが、失敗すると球速-3、コントロール-10である。
最後の最後でキャノンも狙ってみたい

Cルートの場合はひたすら変化球練習。
金が余ってたら○〇ボールを購入して変化量を底上げしても良い。
方向別の変化球取得の場合、莫大な量のポイントが必要なので
ある程度計画を立てておかねばならない。
ちなみにカットボールとチェンジアップは7段階でも変化具合はボール1個分である。

鬼門になるのがあかつき大学の麻生君である。
劣化でもなんでもなく容姿が違うだけの猪狩君そのもの。
打撃は苛烈だし、麻生君の投手力で点が入らない。

まぁここら辺まで来る前にキッチリ仕上げるのが理想。

つまりは10月1週の時点での作成を想定して作る事が大事。

あかつきに勝ったらキャノン習得を狙いたい。
条件が三振とかキチガイじみてるが失敗して能力低下とかは無い(やる気は下がる)

で、Aルートで出来たのが

コンスタAA 151k 総変9
特能緑含めて15~18個(ジャイロ・重い球・球持ち・リリース・闘志・その他色々)

※ちなみにこの時はマッサージチェアを使いました。
※必要じゃないけどジャイロの本も持ち込んでました

安定してコレに近い選手は作れる。
難易度はもちろんノーマル。

最後に言うのもアレだけど運が絡む要素をある程度掴めば簡単にできる。
この運というのは能力がらみではなく、体力回復の事。
今回は回復しやすいのでガンガン練習できる。
ダイジョーブ博士のような1発逆転博打とは違う。

(オマケ)

昨日むらまさにメジャーリーグのリベラ投手の話を効いたので
作ってみた。

37480950

160㌔でカットMAXなのは出来たけど
コレでコントロールAって言うのはムリゲー。

っていうか何気に始めてサクセスで160㌔選手作った。
やれば出来るもんなんだな。

実在選手はゲームより凄い(結論)

« BF3~SCARLET~:ランボー怒りの再突撃 | トップページ | P4U~ランクマッチに挑戦する~ »

ゲム日記。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パワプロ2012:パワフル大学投手育成理論:

« BF3~SCARLET~:ランボー怒りの再突撃 | トップページ | P4U~ランクマッチに挑戦する~ »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ