« ウイニングポスト7:2012~1つの時代~ | トップページ | ウイニングポスト7:2012~ハンターハンティング~ »

2012年5月15日 (火)

ウイニングポスト7:2012~感嘆の王~

キングユニバース

と言う馬が現在晩成6歳目にして活躍中。


キング~とかクイーンとか、エンペラーとか
なんか強そうな名前の単語は名前負けしそうで使わなかったんだが
名前の設定を自動にしたら『キングユニバース』になった。

唐突に冠名の由来を紹介しよう。

牡馬=ユニバース

「ユニバース」と言う言葉は本来、万物とか宇宙とか言う意味だが
俺の好きな∀ガンダムでは『感嘆詩』として使用される。
感嘆という単語はアドミレーションと翻訳されるが
∀ガンダムではムーンレイスが興奮した時、感情が昂ぶった時に発せられる。
原作アニメでもハリーがギンガナムと刺し違えようとした時に叫ぶし
ガンダムEXVSでもロラン君が勝った時に
「ユニバース!ユニバーーーース!!」と雄叫びを上げる。裸で
現実世界で例えると
「ヒーーハーーーー!」とか「よっしゃーーー!」みたいな感じ。
と言う事で、とにかくこの魂の叫びを冠名に使用したかったのである。

牝馬=デカルチャ

「デカルチャ」と言う言葉は本来存在しないが
俺の好きなアニメ:マクロスシリーズでもやはり『感嘆詞』として出てくる。
マクロス(初代)の敵勢力であるゼントラーディが驚愕した時言うセリフ
『ヤック・デ・カルチャー』と言うセリフから採用した。
上記牡馬のユニバースは「よっしゃー!」とか「イヤッホォーウ!」な感じだが
このデカルチャーは「なんだと!」とか「そんな馬鹿な!」って感じである。
現実世界で例えると
「オーマイゴッド!」とか「アンビリーバボー!」みたいな感じ。
と言う事で、とにかくこの魂の叫びを冠名に使用したかったのである。

このように、
牝馬牡馬両方の冠名には共にアニメ作品からの感嘆詞を採用した。
こういう意図を盛り込んで自分でもニヤリ!とするのだ。

(本編)

実は冠名は色々考えて使ってたんだよ的な話はさて置き
牧場の拡張が全部終わりました。
ポンポン勝てるようになって馬券を買わなくとも資産は100億円を突破したし
クラブ設立の話も持ち上がりました。

カメラマンの女に合計7億円貢いだら金のお守りをくれました。
金のお守り1個じゃ割に合わないのでクラブの代表にそのカメラマンを指名した。
7億円の給料分の仕事をしてもらおう。

勝てる馬の絶対条件はまずスピードだが
配合時の爆発力と総合評価も加味しないといけない。
ブラッドゲームでもあるこの醍醐味は嵌ったら中々抜け出せない。
真疾風配合はそれだけで爆発力が13もあるのでオススメだ。
しかし瞬発力が下がるらしい。が、逃げや先行なら気にならないと思う。
その逆バージョンで真稲妻配合と言うのも存在する。
こちらは逆に勝負根性が下がるらしい。

大活躍した牝馬には2億近くの値がつけられるが
対して種付け料は高くて1500万~と言った所なので
格差が激しいと「お笑い配合」と言うのがついたりする。
似たような感じでお互いに安いと「お似合い配合」が付く。
大きなお世話だこのやろう!

話は戻ってキングユニバースである。
自家生産馬では血統の幅に限界があるので積極的に繁殖牝馬セリに出てみた。
既に受胎していたお手軽な牝馬が自分の牧場で産んだ仔だった
(未だに解らないんだけどこの場合、自家生産馬になるの???)

成長タイプ:遅め~晩成は才能が開花しないうちに終わる場合も有るし
その逆、一気に花開いて優秀の美を飾ることが出来たりもする奥深いタイプだ。
キングも遅めであったけどポテンシャルが中々高かったのか
結構序盤からOPクラスに成れていた。
流石に2~3歳は他の馬に遅れをとっていたが成長遅めの本領発揮は4歳から。
安田記念2回と宝塚記念を獲る。
GⅠレースを3回取ったので殿堂入りは期待できそう。(条件がGⅠ3回以上勝利)
あとGⅡレースでは無敗なので【GⅡ横綱】の特性が付いた。
夏のレースの勝率が高いからなのか【夏馬】も付いた。
あと成長遅めはレースに出る回数も多いので経験値が貯まりやすい。
反面、負けつづけると伸びにくいので難しい所である。

早熟のように若さと引き換えに競走馬生命を燃やし尽くして走る馬も好きだ。
でも文字通り儚すぎるので寂しさも感じる。
あと菊花賞は3000mなんだけどそんな距離走れる馬とか生まれた試しがねぇ!
頼むから人気投票に揚げないでくれ。

第一の殿堂馬:キストゥデカルチャ
第二の殿堂馬:グロリーデカルチャに続いて
第三の殿堂馬:キングユニバースになれるか!(多分成れる)

早く家に帰って馬やりたい。まじで。

(オマケ)

脚質:逃げの馬を育ててみたいんだけど一回も出ないし、生まれない。
差しのような瞬発力などは不要で
抜群のスピードと
無尽蔵のスタミナと
灼熱の勝負根性で先頭から後続に絶対に引かないような馬を育ててみたい。

今度血統の因子にSTとかある馬を探してみようかな~

« ウイニングポスト7:2012~1つの時代~ | トップページ | ウイニングポスト7:2012~ハンターハンティング~ »

ゲム日記。」カテゴリの記事

コメント

>>Zimaさん
脚質:差し は追込みに作戦変更すると
良い成績出したりするよね

>>むらまっさん
やっと疑問が解消した!!
と言う事は幼駒とトレセリ以外は自家生産なんだね

男は黙って「追い込み馬」という主義の私です。
ダビスタ世代です。

自分の牧場で「生まれた」←ココポイント馬が自家生産馬になりますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイニングポスト7:2012~感嘆の王~:

« ウイニングポスト7:2012~1つの時代~ | トップページ | ウイニングポスト7:2012~ハンターハンティング~ »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ