« 奇跡の代償 | トップページ | MGS4:BIGBOS計画7/7~バイク無理すぎワロタwwww~ »

2008年7月 7日 (月)

決戦・第1日曜日~死闘と激闘の爆誕編~

妊娠中の梅が急にそわそわしだした。
土曜日の午後8:00である。
股の間を良く観ると「ピンポン球くらいの水風船(透明)」と形容する物体が見えた。

恐らくこれが破水。

午後9:30頃、落ち着かない梅が座り込んだ際に水風船を割る。
「ゲゲゲの鬼太郎」の映画があまり頭に入らない。

ついに始まった出産の兆し。

しかし、地獄はこれからだった。

とにかく陣痛が始まらず、梅が落ち着かないのだ。
あっちこっち動き回ってクンクン鳴くばかり。痛いのだろうか?
観てることしか出来ないのでちょっと辛い。

深夜0:00頃、母が梅と一緒に寝る。
BOBも自室で待機することに。

深夜1:30頃、母が病院に行くかと提案する。
BOBはお産は大丈夫だろうと獣医に電話する。
2回掛けた。眠そうな獣医はこう言った。

BOB「破水してから4時間がたっている」
獣医「引っかかってるから帝王切開しないといけないかもしれない」
BOB「今すぐした方が良いのでは?」
獣医「今スタッフ居ないからマジ無理。8時まで待って。」
BOB「おかしくね?」
獣医「8時に来て」

終わり。
なんという支離滅裂。
しかし頑張っているのは梅なので8時まで待つ事に。
BOBは再度待機。

深夜2:30頃仮眠を取る。

寝過ごす。

朝7:30頃。
下に急いで降りる。

4匹生まれてる!

不覚。寝てる間に生まれていたとは!

母「3時半頃急にいきんで死ぬんじゃね?って思ったら生んでた。」
BOB「ちょwwwwww」

それからはもうポンポンポンポン生まれてきたらしい。
BOBは腹痛を患っていたので便所にIN。
その隙にもう1匹誕生。ああああああ!!また見れなかった!

最後6匹目がそろそろ爆誕する。
梅の腹に力が入る。
出てきた!膜に包まれた末っ子が!!!!

しかし大変なことにBOBは気付く。
BOB「逆子だ!」

なんと足から出てきたのだ。
これは人間でも同じことだが、長引けば首が絞まって危ないのだ。

BOB「母さん!引っ張ってくれ」
あくまでも他人任せだが的確な指示を出す俺。俺。

引っ張る母。

ズルッッッッ
母「オェッ」

末  っ  子  爆  誕  。

齢にして9ヶ月の梅が自力で6匹もの子犬を産んだ。
人間で言えばまだ成人などしておらず、
中学生~高校生の小娘が子供を産んだことに相当する。

ビールは犯罪者ですね。わかります。

・直ぐに胎盤を食い破り、
・へその緒を噛み千切って、
・前進を舐めまわし、呼吸をさせ、
・そしてお乳をやる。

この一連の動作を誰が教えたわけでもなく
明確な母性の本能の赴くままにこなす。
一切の無駄のないこの一連の行動は、
完璧という名の美しさを形容するに相応しい

この姿に感動を隠せない。
まさに生命の奇跡。神秘である。

この瞬間に立ち会えたことでまた一つ俺は大きくなれた気がした。
いまならどんなにむかつく奴に殴られても許せる気がする。
指を全部切り落とすくらいで許せる気がする!

そうだ!

パチンコに行こう!(俗)

「何だかイケそうな気がする~」

と思ったら腹が痛くて無理。
あると思います。(因果応報的な意味で)

その後、ブラウんに見せたら
普段は絶対に食い物を与えない奴なのに
梅にパンを与えまくってて吹いたww

二人ともスマブラが超下手くそになっててワロタww

早く家に帰りたい。

« 奇跡の代償 | トップページ | MGS4:BIGBOS計画7/7~バイク無理すぎワロタwwww~ »

BOB-HOME」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決戦・第1日曜日~死闘と激闘の爆誕編~:

« 奇跡の代償 | トップページ | MGS4:BIGBOS計画7/7~バイク無理すぎワロタwwww~ »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ