« カーネイジプレイ | トップページ | /(^o^)\ »

2008年6月23日 (月)

ぼぶろぐ。+釣りに行く。2008~裏切りの金糸雀と暁に散った竿~

 

 

朝7時起床。
良い天気なので釣りに行く。

BOB「父さん、釣具屋行こう」
親父「ああ~~~?」
BOB「ウキ釣りの道具作ってくれ」
親父「行くか~~~」

買う→作らせる。覚えた。さらば親父!!俺は行く!

海だ!!!

突然風がく。吹くではなく噴く。噴射とかそんな感じ。畜生。

むかついたので不貞寝。

9時にまめおから電話が入る。

まめお「釣りすんぞwww」
BOB「そっち(岩城)は風吹いてないのか?」
まめお「大丈夫だb」
BOB「よっしゃああああ!!」(即決

即、ブラウんに電話。

BOB「釣り行くべww」
ブラウん「よっしゃあああ!!!」

ブラウんのノリの良さは異常。

メタルギアでノーキルノーアラートを達成したことを自慢しつつ
まめおんちに直行。

海は凪。波も立ってない。強風は朝だけだったようだ。

餌も買った。まめおは1500円の竿を買ってた。
もっとマシな奴買えと言ったが・・・・。

いざ!!

 

岩城の道の駅の裏に防波堤がある。
比較的最近出来た湾のある大きな防波堤だ。

最近はキスも釣れる。

BOBは最初アジ目当てでウキやらなにやら買ったのだが、
既に10時。良いポイントは既に取られている。

しょうがなくこの記事で戦った約束の地へと赴く。

が、船が止まっていて縄が邪魔で奥に飛ばせない・・・。

まめお「キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

小型のアイナメを2匹吊り上げるまめお。
さっそく1500円竿に負ける俺とブラウん。

10時半。

開始から30分経過したら不気味に変化する天候。
風が無いのは釣り人にとっては嬉しい。・・・・が、太陽の馬鹿野郎が照ってきた。

BOB「あちーなクソったれ!!」
ブラウん「あっちーーーもうだめだーー」
まめお「泳ごうかな・・・。」

悪態を吐く奴も居れば
気力を奪われる奴も居れば
釣りから逃避しようとする奴も居る。

そんなことより釣れないんです。

全く魚の姿が見えない。
遠くに投げたウキを戻す。

小アジ1匹かかってた。

ウキ使えねぇwwwww

BOB「サッコ。1匹目釣れたら「○○GETかしらー!!」って叫んでww」
ブラウん「釣れたらな~」

直後。

ブラウん「釣れてたーーーーーー!!」

Photo  

スネーク!!

応えてくれ!

スネーク!!

 

 

スネーーーーーーーーク!!

 

 

 ッデッデッデデデンッデッデッデン

 

BOB「言えよ・・・。」
ブラウん「興奮してそれどころじゃ無かったwwww」

でかいアイナメを吊り上げるブラウん。俺だけ小アジ1匹・・・。
ほぼボウズじゃねーか!食い応えのある魚は居ないのかい?(シフ風に)

太陽「ぴっかーーーーーーーーーーーーーー☆」

容赦なく馬鹿野郎が体力を削る。モンハンの砂漠って過酷なんだな。。。

12時を回った頃、場所を移動することに。
湾の置くの外海に一番近い防波堤まで接近。
ここで最後の勝負に出る。

ブラウんがとりあえず湾に向かって投げる。放置。
俺はでかいアイナメをねらってブラクリを解禁。テトラの下に仕込む。
まめおはテトラの奥に行く。カキかなんかの貝殻で肩を切った。なにしてんねん!

突然、ブラウんが叫ぶ。

ブラウん「キスが釣れてる!キスが釣れてるー!!」

Photo_3  

スネーク!

応えてくれ!

スネーク!!

 

 

スネーーーーーーーーーク!!!

 

 

っでっでっでででんでっでっででん

BOB「やっぱり言わないのかよwww」

ブラウんが2匹のキスを吊り上げる!急にBOBたちの体力ゲージが回復する!
なんてもんを・・・なんてもんを吊り上げてくれたんだこの男はッッ!!

コドモ アソブ ユメツクル !

おっしゃああああ!!
外側に向かって投げる!ブラクリ?動きませんでしたが何か?

直後!

ビビビビビビビ

BOB「

  ┃    ┃━┓                         ┃┃┃
┗┓━ ┃━┓ ┗━━━━━(゚∀゚)━━━━   ┃┃┃
┗┓━ ┗  ┃                         ┗┗┗
  ┗       ┃                    ┗┗┗

                                         」

うおーやっと来た!真アジ!20センチはある!刺身で食えるぞーー!!
続投!

ビビビビビビ

BOB「キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!」
2匹目!GET!!

まめお「俺も来た!で・・・・デカい!!!」

1500円の竿がかわいそうなくらい軋む!曲がる!コドモ!アソブ!ユメツクル!!

まめお「見えた!でけええええええええええええ」

巨大な魚影が発見さる。白い!ハイドロキシアパタイトぉぉ!
まさか大物か!?奇跡の大逆転ホームランか?

見たことも無い巨大魚なのか!!!!???

BOB・ブラウん「アッー!!!!」

見たことも無いくらい大きなフグでした。
でっっっぷり太った30センチ超級のクサフグ(食えない)

BOB「トラフグみたいな奴だな・・・。」←でも食えない
ブラウん「なんて大きさだ・・・。」←でも食えない
まめお「なんだよ!!フグかよ!!」←当然食えない

気を取り直して全員続投!

アイナメ【小】を入手した!

まめお根がかる。
グイグイやるが取れず。

BOB「こう・・・グッっと思いきり引っ張れば?針はあきらめるしかねーな」

グイイイイイイイ

ボキッ!

釣り竿が!!

折れまんた。

1500円の竿なだけに根がかると竿の強度が足りずに折れてしまったのだ。
その点ではBOBとブラウんはカーボンだったりするので安心だが・・・。

まめお「最悪だ・・・。orz

丁度良く餌が無くなる。

まめお「ここ接着剤でんんとかいけるかな。」

捨てろよ。( ;´Д`)

と思うだけにしようとしたら口に出して言っちゃってた。
頼むから良い竿買ってくれ。

その後、まめおの家で恒例の食事。

まずは俺の釣ったアジの刺身。
自分で釣った魚の刺身は初めてだった。

BOB「宇宙一うめえええええええ!!!」
ブラウん「美味いな!!」
まめお「うめえええええええ!!」

次に、キスとアイナメのから揚げ。

BOB「やべええええええええ!!!」
ブラウん「・・・・・(浸ってる)」
まめお「超うめぇええええ!!!」

幸せの絶頂。

これだから釣りは辞められない。
苦労した分幸せになれる。

日焼けした肌がやけに熱い。
腰痛い。足痛い。

ストレスが浄化されていく。

そしてよく眠れた。

ちなみにその後、パチンコして負けたが気にしない。

« カーネイジプレイ | トップページ | /(^o^)\ »

釣りボケ日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼぶろぐ。+釣りに行く。2008~裏切りの金糸雀と暁に散った竿~:

« カーネイジプレイ | トップページ | /(^o^)\ »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ