« AC4~【AAC-06x-ジュピター】~ | トップページ | 物凄くやる気が無い。 »

2007年12月25日 (火)

物凄い夢を見た。

まずはBOBの記憶が鮮明な内に地図を書いてみた。

Photo  

1.BOB達はレストランに居た

2.いつものメンバーである

3.知らない人もたくさん居た

4.奴等は群れで襲ってくる

5.1番活躍したのは俺たち

6.奴等は群れで襲ってくる

7.2日目で巨大化する

8.捕まったら食われる

9.夜は奴等のターン

 

 

 

 

 

さて、休日に出かけて海辺のファミレスにて休憩。
飯を食っていたときの事。
店の中でいざこざが発生。野次馬根性で見たら
ストリッパーが早く出勤しすぎて踊っていたので騒然となった。
俺たちは真昼間からストリップショーを初観賞した(映画のワンシーンみたいな)
ファミレスなのになぜストリッパーかって?夢だ。勘弁して欲しい。
そしてそのまま夜になってしまった。
夜の運転は怖いしファミレスなのでそのまま居る事にした。

す  る  と

突然海からゴゴゴゴゴゴゴゴと黒い玉(全長1.5m)
防波堤の向こう側。
黒いシャボン玉が浮いては沈み、浮いては沈み・・・・。
物凄い数がファミレスに押し寄せてきた。
なにか赤く光ってる・・・?

え?なにあr…

三人「おわあああああ!!!!!!??」
女の悲鳴・男の悲鳴・俺たち3人も絶叫

店の中はパニック。
俺たちも例外じゃない。
Photo_2 こんなん。

俺たちが何かしたか?

一般人と大きさが変わらない生き物が
一斉に海から飛び出して襲ってきたのである。

俺は生涯この夢を忘れない。

トラウマ確定だよ畜生。最悪。

とにかく物凄く怖かった。

 

アニメ「トップをねらえ」の最終話付近で、
「敵で宇宙の色がわからない。」というセリフがある。
ダニで海の色がわからない。黒い粒粒で埋まっている。

店の中には入ってきてはいない。
幸い、食堂から海まで崖になっているが、壮絶な景色に変わり果てていた。
夢の中の感覚では曖昧だが、けっこう時間経ったらしい

ダニが海へ帰っていった。

ここぞとばかりに店の中で隠れてた男が外に飛び出し、
自分の車にエンジンをかけた。

すると・・・・

シャーーーーーーーーーーーーー

海から一斉にジャンプして
崖を楽々飛び越える数千のダニ

三人「ぎゃーーーーーーー!!!!」

キモーーーーーーーー!
人間の子供サイズのダニが凄まじい数で車を取り囲んで潰してしまった。
俺のイストも潰された。/(^0^)\ナンテコッタイ
パニック映画じゃねーかwwww

BOB「うわっ!あの人多分死んだぜ」
まめお「外に出たら死ぬぞ!」
ブラウん「なんだよアレ・・・なんなんだよ~」

いきなり何故「生か死かの瀬戸際」に立たされているのか。
相変わらず店には入ってこない。外に出ると危険らしい。
強化ガラス室という所にいるがさっさと逃げたい。

そしたら部屋に女の人が入ってきた。
この店の店長らしい。
あの生物について聞いてみたら

「わからない」って言われた。(♯^ω^)ピキピキ
でも最近海に黒い粒粒は出てたと言う。でもせいぜい3mm程度。
異常に巨大化したと解釈。いつの間にか理解していた。
夢はいつだって意識を先に持っていってしまう。

2日目の朝。

店長「昨日は巨大だったので今日は小さくなってます」
いきなり意味不明な事を言い出す。
食堂の外へ出てみると海がざわめいた。
風呂に発砲入浴剤を溶かした時のようにあわ立つとピシュっという音がした。

ザクザクザクザクッッ

BOB「いでっ!!!」
足を見ると黒い粒粒(3mm)が俺の血を吸っていた
みるみる膨張し、風船のように膨れ上がってダニ(30cm)になる。
BOB「ぎゃーーーーーーコノヤローーー!!!」

殴ってみたが物凄く固い。足から離れて海へと逃げるダニども。

どうやら黒い粒粒は生き物の血を吸って巨大化し、
繁殖していくらしい。最終的にダニ(1.5m)になる。

泣きそうになりつつ、店へ退却。
BOBの怒りはこの時、頂点に達した。

BOB「焼き払ってやる・・・!!」

そして夕方。
店長「ダニが来るまであと1時間くらいです。もうダメです。」
ブラウん「ガソリンと灯油下さい。」
店長「何に使うんですか?」
BOB「ダニをブチ殺します。」
店長「やってみましょう。資料室にあります」

BOBとブラウんが防波堤に歩いて行き、
先端部分まで灯油・ガソリン・謎の部屋から持ってきた可燃性の液体・爆薬
これらを全て防波堤に集めて設置。

まめおは謎の部屋から狙撃用のライフルを
↑夢です。

準備してた。

BOBがよし、店に戻ろうとしたら…

サイレン「ウーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

波が・・・ざ  わ  ざ         わ

ブラウん「ちょ、ヤベえ!!走れ!!」
BOB「う・・うわああああああ」

なんか絶叫してばかりの俺たち。
映画のようなお約束の連続。
夢なんだからこの時に醒めて欲しかった

後を振り向くと海の色が黒い!
ジャポジャポいっててヤバイ!
怖い怖い怖い怖い怖い

ザパーーーーーーーー!!!

恐怖の音が聴こえた。
ブラウんと俺が店に入った時と同じ時だった。
防波堤の向こう側から昨日とは比べ物にならないほどの数と大きさ。
もう4tユニックぐらいの大物まで成長したダニがジャンプしてるのを見て

BOB「地球終わったな・・・。」
ブラウん「ここで死ぬのか・・・。」

とつぶやいた。夢の中とはいえ、死を覚悟した。本気で。
夢って気付いてないので生々しい感覚だった。

まめお「当たれーーーーーー!!」
バスン!

チュドゴボガドガーーーーーン!!
まめおが爆薬を仕掛けた防波堤に向かってライフルを撃った。

防波堤が粉々に四散して爆炎を伴う大爆発が起こった。
そこに居たダニどもはほぼ全滅。
さながら巨神兵のビームに焼き払われる王蟲の群れ。

BOB「おお!助かった!」
ブラウん「怖かった・・・・。」

まめお「帰れるぞwwww」

なんと頼りになる男なのか。
と感心してたら

ゴバババババババババ

海から超特大の真っ黒い玉が出てきた。
多分大きさは一軒家くらい(50㎡)。アホか。怖すぎるわ!!

店長「親玉だ!あいつが生み出してるんだわ」
一体何処でそんな情報を聞いたのか謎だが、夢なので信じてしまう。
次のダニどもを生む前に親玉を始末しないといけないらしい。

お約束。

小型ボートで俺たち3人が狩り出されました。店長死ね!
ありったけの灯油・ガソリンと店の薬品で作った火炎瓶。ハンマー。
これだけ持たされてエンジン付き小型ボードで親玉と戦うハメに。

親玉が現れた付近で

BOB「オラ!出てこいや!」←やけくそ

そしたら海面が真っ赤に光った。
ここで失神しそうになった。
親玉登場。普通に家くらいでかい。店長死ね!!
あっという間にボートにダニが乗り込んでくる。

まめお「親玉に飛び乗るぞ!」
なんでお前はそんなにカッコいいことが出来るんだ。

ブラウん「うわーーーー出たーーー!!!」
まめお「燃やせ燃やせ!!」
BOB「死ね、死んでくれーーー!!」

ブラウんが灯油・ガソリンを振りまき、
まめおが火炎瓶で着火
BOBはハンマーでひたすら殴る。金属のような感触。

とうとうハンマーで殴っていた場所が

ビキキ

っという音がして亀裂が入った。
すると中から紫色の液体が噴水のように噴出して
BOB達三人は全員紫色のゼリーみたいな粘液まみれ。オエッ

その液体がダニに降りかかるとダニは溶けてしまった。
次々とダニが溶けていく。

よく観るとブラウんとまめおが居ない。
溶けてしまったようだ。
俺の手も左腕が肘までドロドロに溶けていく。
BAD ENDか。。。。

------------------------------------

BOB「う。。。う。。」

ガバチョ←起きた

時間は朝5:00

今年最悪の夢をこの年の瀬に見た。
バイオみたいな夢だった。
一瞬死んだとも思ったし、九死に一生も得たのに

結局死ぬ夢か。
死んだのは結果だけど、とにかく濃くて物凄い夢だった。
夜遅くまでゲームしてるとよくこんな夢を見る。
でも激しすぎて疲れてしまった・・・。
特にダニ。でかい奴。トラウマ確定。

二度と見たくない夢でした。

« AC4~【AAC-06x-ジュピター】~ | トップページ | 物凄くやる気が無い。 »

オカルトチックアワー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物凄い夢を見た。:

« AC4~【AAC-06x-ジュピター】~ | トップページ | 物凄くやる気が無い。 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ