« AC4追記+ポケモン | トップページ | 射手座の守護星 »

2007年1月12日 (金)

最近観た映画全集。

・北斗の拳-殉愛の章-
・機動警察パトレイバー ザ ムービー3
・サイレント・ヒル

 

北斗の拳

最近スロットでもチョクチョク打つ北斗の拳。評判どおりなかなか勝てない。
そんなことは置いといて、去年上映された殉愛の章を観ました。

BOBの一番好きな原作。サウザー編ということでwktk!!!

で、感想。

・・・・・・ちょっとサウザー悪過ぎない?

っていうのがBOBの感想でした。

「愛ゆえに苦しむ!」とか

「愛などいらぬ!!!」とか

「お師さん・・・・もう一度・・・・・ぬくもりを・・・・・」

とか

「誰よりも愛深き故に。」

って言うのが無くて残念。ただの誇り高い強敵なだけって感じでした。
コレじゃあ【愛深き故に愛を捨てた男】の肩書きが微塵も感じられません。

声優はケンシロウに阿部寛、コレが以外にバッチリ!でも感情が無い。
ラオウは宇梶でしたが違和感バリバリ!!でくの棒じゃねーか。
でもラオウは普段落ち着いてるからアリっちゃあアリだな。
スロットでしかラオウを知らない人は原作を読みましょう。

続編に期待!

 

パトレイバー

ぶっちゃけ、観たいとは思ってなかったけどアニメが安いから(略
有名どころなのですがはじめて観ました。しかも3から。。
もう3本目となるとさすがに落ち着いてしまっているのか
メインのパトレイバーが出番少なッッッ!!
薬入りの拳銃撃って終わりかよ!!

でも面白かったです。

地味~な捜査の合間に出てくる
狂気の生み出した怪物。母親の娘への執着。
バイオテロ的な事件はBOBの大好物なので満足。1.2も観たくなった。

 

本日のメイン:サイレントヒル↓

 

サイレントヒル

ブラウんが運良くレンタルしてきたサイレントヒル。
評判もよく怖いとか伺ってたのでワクワクして観た。

 

 

・・・・・・・・こりゃスゲェ!

本当に怖い映画を久々に観た。

そしてゲーム版は絶対にやりたくないと思った(笑)

上記アニメのような単純さではなく複雑な物語は引き込まれる。

よくこんなおっかねーモン作れるな。と早くも今年観た映画でNo1.

-----------------ネタバレ含む--------------------

 

登場人物は
ローズ:主人公でシャロンのお母さん。普通の女性である。
クリストファー:けっこう役立たず(?)なシャロンのお父さん
シャロン:ローズの娘でキーパーソン。実は血が繋がっていない
アレッサ:こいつ=サイレントヒル。特殊能力のせいで魔女扱いされた。
アレッサの影:シャロンと同じ顔。アレッサの憎悪が形になったモノ。
シビル:女性警官、ローズとサイレントヒルに迷い込む。
ダリア:アレッサの母親。血が繋がっている。
グッチ:クリストファーと行動する警官。父親と昔サイレントヒルに居た。
クリスタベラ:悪の源。原因はコイツ。吐き気のするウンコババァ。
アンナ:クリスタベラの信者。

こんなもんか。

ストーリー:

シャロンは夜な夜な「サイレントヒル」とつぶやき、
誘われているように夢遊病でうろつきます。
母親ローズは原因を調べようとインターネットで「サイレントヒル」を検索。
そこは30年前に大火災によって壊滅したゴーストタウンでした。
それでも娘の為に成るのなら!と強引に娘を連れて向かうことに。
父親のクリストファーは反対していましたが。
警察のグッチに連絡し、母子を追います。

途中、夜中に車で出かける親子を不審に思う女性警官のシビル。
つけていたらバリケードを破る姿を見て追跡。
途中で気を失ってしまうローズ。
気がつくとそこは灰が舞うサイレントヒルのゴーストタウンでした。
助手席にシャロンが居ないことに気付き必死で追うローズ。

そこでけたたましいサイレンの音が!!
みるみる辺りは暗黒に包まれ異形の怪物が襲い掛かってきます。
ローズは必死で逃げ切り、車に戻ります。
そこには追いかけてきてスッ転んで気を失っていたシビルが。
ようやく異変に気付いた二人は手分けしてシャロンを追うことに。

一方クリストファーは表の世界でグッチとサイレントヒルを捜査。
グッチが昔、アレッサという少女を大火災から救ったと話しを聞きます。
アレッサの面影を追っていくとサイレントヒルの真相が徐々に明らかに。
アレッサという人物がシャロンに関係している!!
シャロンは養子でしたが、捨てられていた修道院に行くことに。
ここでクリストファーは拒絶されてしまいます。

ローズたちはクリスタベラという人物からアレッサの情報を聞くと
悪魔と呼ばれて地下に居るという。
シビルは命がけでクリスタベラからローズを庇い、
ローズはアレッサに会いに行きます。
その後、シビルはクリスタベラに公開処刑されて殺されます。

ようやくアレッサの所に辿り着いたローズはサイレントヒルの事実を知る。

・暗黒世界のサイレントヒルはアレッサの憎しみが作り出した。
・シャロンだと思って追いかけていたのはアレッサの影。
・クリスタベラのエゴの為に30年前大火災が起こった。
・火災の原因は魔女狩りの名のもとにアレッサを公開処刑したため。
・クリスタベラは信仰心をエサにリーダーを気取るただのエゴイスト。
・娘のシャロンは処刑を受けることになっている。

アレッサは生まれつき特殊能力を持つが故に
クリスタベラのいわゆる虚栄心(?)のエサにされた。

でもローズはそんなことはどうでも良かったのです。
娘のシャロンを救うという信念は変わっていません。
アレッサの憎悪や復讐の為に生み出されたシャロンであっても。

教会に戻り、全ての真相を暴露したローズ。
しかし狂信者となりクリスタベラを盲信する人々には相手にされません。
娘のシャロンは今まさにクリスタベラに処刑される寸前でした。
往生際の悪いクリスタベラは逆ギレして神の名のもとにローズを刺す。
しかしローズから流れ出たどす黒い血からついにアレッサを召喚。

クリスタベラの居場所がアレッサに知れた。
アレッサが復讐を始めたのです。

(グロいので省略)

クリスタベラ一味を皆殺しにしてもなお、アレッサの憎悪は深く、
ついに表の世界に帰ることは出来なかった母と子。

しかし、ついに出会えた娘と自宅(裏)についたのでした。

                                        完。

 

いやぁ深い。

ナゲーよ!でも言わずにはいられなかったんや。
伝えずにはいられなかったんや。

テーマはズバリ、母親の愛情の深さ。コレでしょう。
どこまでも深い憎悪の世界でも娘の為に底力を出して闘う母親。
娘の為にピラミッド頭やモンスターにビビりながらも前進した母親。
アレッサの影がアレッサ本体の悪の部分だとすると
シャロンは母親に愛されたかった善の分身だといえないだろうか。

もしかしたらアレッサはもともと普通の子だったのかも知れない。
理不尽にクリスタベラに追い込まれて憎悪の能力が目覚めたのかも。
誰しもがこんな世界を作りえる。と考えると違う意味でも怖い。恐い。

ラストシーンでまだサイレントヒルの世界が崩れていないところを見ると
アレッサは復讐を果たした後も生きているのかもしれない。
ってゆうかアレッサは実際生きていた。表の世界でもそうなのか。

様々な憶測や推測を見た後も尾を引く作品こそ名作だと思う。
コレってどんな意味?とかはぁ?何コレ?といった疑問ではなく
あの登場人物はこう思っていたのだろうか?とか
あの後こうなったんじゃないかな?とか考えされる映画。

コレがBOBが惹かれる映画である。



« AC4追記+ポケモン | トップページ | 射手座の守護星 »

映画とか。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画全集。:

« AC4追記+ポケモン | トップページ | 射手座の守護星 »

フォト
2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ