« 天パで悪いかコノヤロー | トップページ | 釣りの季節が来ました。 »

2006年6月10日 (土)

解体新書-まめ夫+とび夫の生態-

なまえ「T」

和名「てぃー」

DJ-コード「クレイジー・T・KINNIKU」

このブログでの名前「まめお」

Photo_5

 

 

 

 

 

 

T「うめぇwwwwwwwww」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴:

背がでかい。筋肉。煙い。腹筋。デカイ。腕筋。スロットが強い。胸筋。筋肉筋肉筋にk(略
好物はマルメン(?)。辛いものが苦手だとか言うくせにココイチ1.2㌔を平らげる男。
とにかく頼りになる。ドラクエで言うところの「武道家」みたいな肉体派。
イメージ図
Photo_6  

 

 

 

 

 

まじでこんな奴。
 

フリーザは「チャモロ」
ペロはサンマリーノの港町の犬だと何回言えば(略

タバコという体にとっても悪い煙をわざわざ肺の中に入れて出すという事に得体の知れない恍惚感や安心感をえられる様子は非喫煙者から見れば

「は?何やってんのこの人(達)??中毒?」

みたいなTPOをわきまえない大胆な奴。ニコチンに魂を縛られし者である。
ボブの最強にして最高の親友のうちの一人。
ボブは最上級の意味をこめて「オニダチ」と呼んでいます。
スロットに関しては身内でかなう者がいなく、「最強」って良いくらい詳しい。恐ろしや。

ボブとT氏の出会いには伝説がある。。。。

紀元前500年頃の古代ローマの哲学者 コブラ松崎 氏 著の
「狂気の沙汰~ピンクホライゾン~」の第2楽章の隠しページのアナグラムを解析すると

「彼は千葉では知らないものがいないカリスマで、かつてBOBが全国を武者修行していた時に出会ったライバルで、「T」はラテンとHIP-HOPを融合した新しいジャンルで千葉県民の心を掴んでいた。
一方BOBは人を殴った鈍いリアルな音を集めて作った新ジャンル「肉音」を引っさげて各地を歩いていたが、一度補導されたので今は幻の音源となっている。」

と記されていた。

ブログをはじめた当初に記事に初めてコメントがついて喜んでいた頃、
こいつが書き込んでいたことが解り、ぬか喜びをしていた自分がFUCK(^-^)
ブログに深く関わってはいないが、今回紹介してしまった。ネタがないお(;^ω^)

そんなかれは風邪をこじらせたみたいなのでせっかくだからネタにしました。合唱(  ゚,_ゝ゚)

みんな!風邪と腸炎には気を付けろよ!

ではでは⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

« 天パで悪いかコノヤロー | トップページ | 釣りの季節が来ました。 »

DJ-BOB「銀河を駆ける米産和牛の姿煮をシチリア海風味で」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解体新書-まめ夫+とび夫の生態-:

« 天パで悪いかコノヤロー | トップページ | 釣りの季節が来ました。 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ