« オバーチャンのドクダミ茶 | トップページ | 善玉 卵太郎 氏の 三回忌を終えて »

2006年6月 2日 (金)

NETAカテゴリ追加。

今日はボブとその友達、フリーザとペロの関係を現在の画像付きで解りやすく紹介しよう。今更だが、1回1回ばらばらだったのでまとめてみようと思ったのだ。

まずはペロ氏から。

Photo これがペロ氏である。

最初ッから衝撃映像なのは勘弁してもらいたい。

彼は自分の姿を誇りに思っているし

けなしてきた者はすべてその鋭利な牙で

噛み殺されてきた。(犠牲者は84人)

ご先祖様は亀田神社に祀られているとか。

われわれ3人は全員HIP-HOPで繋がっているがペロもご存知の通り

Stray dog that peeled off fang」や「Carelessness of excrement」などアングラ系のサウンドで全英を大いに震撼させた。そう、ペロはイギリス紳士だったのです。

アンダーグラウンド界のカリスマ。それがペロの正体である。結局ネタ扱いされるけどな

つづいてはフリーザ氏だ。

Photo_1 うめぇwwwwwwwwwwwwww

皮はパリパリ。それでいてジューシィー

締った肉は高タンパク低脂肪。

彼は事故で兄弟を15人亡くしているが

その事実を知るのは彼とボブと(故)善玉 卵太郎 氏だけです。

畑にあるキラキラにはめっぽう弱いとか。

卵太郎氏はフリーザの親戚のDJ-POPPOの「鳥インフルエンザ」によって亡くなりました。享年12歳の早すぎる死。全バチカン市民が涙しました。

彼の葬儀にはDJ-POPO氏の「Nosocomial infection」や「It forgot to sterilize it.」が流れ、しめやかに行われた。

彼の正体はもう知らない人がいないほどのアーティストである。DJ-Little chicken
世界で初めて、いや、宇宙で初めて音楽を銀河に配信したカリスマなのだから。

プライベートでは「卵焼きは食えるけど生卵は食えない」って発言しちゃう鬼畜です。

 

 

そして最後にこの私。ボブだ。

Photo_2やぁみんな。

私がこのブログの支配者ライター、ボブだ。

私はいろんな国のいろんな血が薄く混ざって生まれた。

真の意味で多国籍なアーティストだ。HAHAHA!

私の「Respect The Mirion」は世界一売れたアルバムだが

実はビッグニュースがあるんだ!!

 

すまん嘘だ。

« オバーチャンのドクダミ茶 | トップページ | 善玉 卵太郎 氏の 三回忌を終えて »

DJ-BOB「銀河を駆ける米産和牛の姿煮をシチリア海風味で」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NETAカテゴリ追加。:

« オバーチャンのドクダミ茶 | トップページ | 善玉 卵太郎 氏の 三回忌を終えて »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ